Home Page Image
 

30代になったら、いつもどこでも同じ服装ではなくTPOをわきまえたファッションを。

目的、行く場所などによって使い分けていきましょう。
 

 

 

年齢によって通って来たファッションのジャンルに違いがあります。 レディスファッションほどではないにしろ、メンズファッション業界でも5年、10年と時代を経ればさまざまなトレンドが生まれ世の中に浸透しますので、どの時代に生きたかによって経験値も異なるということです。 トレンド重視の傾向にある10代後半から20代までなどは、きっかけ次第で好きなジャンルも極端に変わるケースもあり、また若さから体型を維持するのが比較的容易であることもあり、そのトレンドも前向きに取り入れることができます。 30代あたりになるとそれまでの嗜好の変化が少しづつ落ち着きを見せ始める頃で、個人個人の好みのジャンルに於いて、ワードローブを増やしていく年齢にあります。

男性も女性も30代あたりになれば、TPOによって着こなしを変えることも度々出てきます。
それまでカジュアル一辺倒でよかった若い頃のテイストは継続しつつも、仕事関連での大人の付き合いなども増える年齢に差し掛かってきますので、多少は公の場などにきちんとした服装で顔を出すといったような機会も出てくるわけです。
具体的な例で言えば、テーラードのジャケット一着スムーズに着こなせないようでは、少々気まずい思いをすることが出てくる可能性もあり、少しは慣れておきたいものです。


特に仕事でスーツ着用などの必要が求められない人達は、そういったかしこまった服装に慣れていない場合が多く、いざという時に慌ててしまうケースもよくあります。


例えばドレスコードが設けられているレストランなどで食事に行くといった時に、どんなに価値のあるスニーカーを履いて行ったところで、基準に満たないのは当然ですので、常識的に最低限知っておかなければいけない範囲の服装術は身につけておきたいところなのです。
急な要りようでそういったアイテムが必要になり、慌ててセレクトショップなどに駆け込んだ経験がある人も多いと思いますが、普段着慣れていないファッションというのはいざ着た時にしっくり来ないことがあります。


当然スニーカーなどのカジュアルな靴しか履き慣れていなければ、サイズ感も違う革靴が窮屈で履きにくく感じてしまう物なのです。
時には必要が無くても、普段と違う格好をして慣れておくことがお勧めですが、ジャケットを着れば背筋が伸びて気持ちのいいものです。
せめて秋冬にツイードのジャケットを着てみるとか、食事に行く時にブレザーを羽織ってみるとか、けして肩肘が張らない範囲でカジュアルとミックスできるアイテムがメンズファッションにもたくさんあります。



   
     
copyright 男性の大人ファッションについて考える all right reserved.